天気を気にするひとのブロッグ

へなちょこプラントラバーが千葉より綴る…

色々な植物の色々なこと

植物色々と 可愛いサイズの万物想が咲きました。 他にも挿し木一株、これより大きいサイズの株が一株ありますが、今年は全ての万物想が咲きそう。花はこの時期なんですね。 一応受粉させておこうと思ったのですが、花粉が見当たらない…でも花弁には花粉つい…

色々とやってみる楽しさ。

観察と試行錯誤 ウンカリーナ・ルーズリアナが咲きました。長年、種をとってみたいなぁと思ってた品種。でもウンカリーナは自家受粉しません。なかなか他の株との花が合わなくて、今まで実生どころか種を取る機会すらもらえず…でも今年は手持ちの株数も増え…

オベサを植え替えるだけ。

オベサダラケ 少し前の話になりますが、オベサをめーっちゃ植え替えました。5時間でその数130鉢。しばらく腰痛が取れませんでした… 本当は植え替えずに今年もいきたかったんですが、どうも調子が悪い(枯れないけど、黒くなって部分的にへこむ)株がチラホラ…

挑戦と向上。

思い切った年に。 ずっとやりたいと思っていたことがありました。今年は色々とここまで数年気がかりな植え替えをしたり重い腰をあげてるので、この勢いでやっちゃおうかなぁと。今回のネタは最近よく名前を耳にするエニグマチカムです。 こちらが我が家の接…

発根管理を考える 其の三。

発根管理についての最終回です。 前回、前々回は用土について書きました。今回は最後に管理方法について書きたいと思います。 つい先日、去年の秋から発根管理してたパキポがほとんど未発根という事実を知りまして。非常にショックを受けながらも再度処理を…

発根管理を考える 其のニ。

前回の続きです。 前回は用土についてのおさらいがメインでした。今回はいよいよ発根に適した用土を考えます。 前回のコラムで保水性、排水性、通気性の話をしましたが、発根管理用土はどの性能にフォーカスを当てるかです。では発根に必要な要素はなんでし…

発根管理を考える 其の一。

長文にお付き合い下さいませ。 今回からパキポディウムの発根管理について3回に渡って書きたいと思います。思えば園芸を趣味としてから割とすぐに海外からベアルートの輸入に手を出しました。私は実はおもちゃの収集も趣味でありまして、海外から物を買うと…

アレのその後。

あの結果はどうなったのか。 つい1ヶ月前、こんな記事を投稿しました。 それから1ヶ月が経って挿木はどうなったのかという経過報告です。 鉢によって葉っぱが増えてたり、全て落ちてたり様々。この1ヶ月の管理ですが、平均30℃のハウス内の棚下の日陰で管理し…

憧れの今。

憧れてた植物は… 先日、受粉作業をしたロックウッディの種が取れました。 ちょうど1か月くらいですね。気付いた時には弾けてしまっていたのと鞘を回収時にいくつか種を落としてしまったので、少しもったいないことをしました。 ぎっしりつまっています。まず…

なる早での処置。

残念な方の植え替え 私はパキポについては毎年、春に2回植え替えるタイミングを決めています。1回目は暖かくなってきた3月〜4月に休眠から覚めて芽吹き始めてきた株や、まだ葉は出てないけど生きてると確信があり、鉢上げをしなきゃまずそうな株を植え替え。…

探せば見つかる。

ずっと探してた鉢がありまして。 2.5号のウ泥ラン鉢。写真のこの鉢は大先輩にいただいたもの。ウ泥鉢の角鉢は今でも製造されているようですが、ラン鉢はもう廃盤で国内では流通していないとの話もあり、色々とネットや知人に聞いてみてもこれまでなかなか入…

殖やすということ。

いつの日かHCに。 私が植物にここまでハマったのは一株あれば自分で増やす事ができるからだというのも理由のひとつ。私の趣味は他にもおもちゃ収集とかがあるんですが、おもちゃはひとつ買っても増やすことは出来ないですから。 そんな今日はあの品種の子株…

心配なパキポたち。

生命力を信じる。 ある人からの預かり物でペコペコの二頭グラキを預かりました。 ペッコペコです。輸入されてから植え込みもされずに放置されてたのだと思います。頑張ってここから膨らめばいいですが、どうなることやら…ちなみに経過報告はブログでは出来な…

失敗を取り戻したい。

大移動 先日の失敗もありましたが、最近は連日暑くてハウス内での植物の管理に気を使うのも毎日疲れてきたので、パキポを全て屋外の屋根ありの場所へ移動しました。 本当は5月下旬に移動したかったのですが、もうこれだけ気温が高い日が続くと問題ないでしょ…

やらかし。

盛大にやらかす。 今日は暑かったですねー。私のところも30°まで気温が上がったようです。半袖半ズボンで余裕でした。 …ということでタイトル通りやらかしました。夏日になるって散々天気予報で言ってたにも関わらず、朝作業している時はそんなに暑くなかっ…

ファガロイデスをフヤスンデス。

今日も実験 我が家のファガロイデス。なんというか非常に微妙。幹の緑は映えますが、幹の太さも枝振りも非常に微妙。針金をかけて枝を動かそうかとも思いましたが、剪定すると案外太ると聞いたことがあったので、今日はパチパチすることにしました。 剪定は…

まずは灌木から。

灌木系を屋外に出しました。あとは冬まで同じ場所で管理です。 去年も同じようなタイミングで出したよなあとブログ振り返ってみるとやはり5月3日に出していたようです。毎年同じような時期に出してますね。ブログを書いたほうがいいよとまでは言いませんが、…

毎日の楽しみ。

日日是好日 まだまだ自宅待機の期間が続きますが、この期間は必ず時間を作って庭で園芸を楽しんでいます。いつもは仕事が忙しいと春にもあまり植え替えを出来ないまま、仕方ないのでまた来年にという株も多いですが、今年は時間があるので植え替えの日々。少…

新しい植物と。

物欲溢れる春。 珍しく2日連続の投稿。やはり春は植欲溢れてダメですねー。久し振りに植物を購入しました。 “Euphorbia tulearensis” 以前から欲しくて探していましたがなかなか値段で折り合いがつかず…が、今回は相場よりは安い値段で見つける事が出来たの…

園芸の楽しさを改めて。

植物の季節はやってくる こんばんは。みなさん体調はいかがでしょうか。自粛生活で精神的に参ってませんか?私はいい加減もうだいぶ参ってきて生活リズムもめちゃくちゃになりつつあります。先が見えればいいのですが、緊急事態宣言も延期でこの先どうなるの…

今だからこそやる。

おうち時間 どうもこんにちは。またまたご無沙汰の人です。定期的に覗いてくれてる人、すみません。 前回ブログ書いたのが2月3日でした。それから2ヶ月程度経ちましたが、まさかこんな世の中になっているとはあの時は夢にも思わなかったですね。私自身も仕事…

ごぶさです。

お久し振りしております どうも、こんにちは。ご無沙汰しております。気付けば2019年も終わり、2020年になりました。以前に投稿したのは10月末。もう少し頑張れよという感じですね。 この前回投稿からの3ヶ月はたった3ヶ月なんですけど、非常に色々とあった…

用土もオーダーする時代。

これは画期的? ふといつものようにプランツウェブサーフィン(ウェブサーフィンって死語ですかね?)してると見つけました。 カインズ オーダーメイド培養土 なにやら指定した配合で土を混ぜて、パッキングして販売してくれるようです。これは!ということ…

最近のあれこれ。

ご無沙汰しております なかなか更新出来ずにすみません。生きております。プライベートでドタバタしておりましたが、なんとかまたちょくちょくと植物を見る時間が作れそうです。ということで最近の目についた写真を適当に。 ずっといつ開くかなとウズウズし…

大丈夫。ちゃんとなんとかなってます。

あれからどうなったのか 報告無ければお察し下さいと言っていた自家採種ロックウッディの種蒔きですが、経過報告です。 バーミキュライト 24/32 細目多肉用土 23/32 各鉢10粒ずつと前回のブログでは書きましたが、8粒ずつでした。なので計64粒中の47粒発芽と…

嬉しい展開。

まさかの! 嬉しいことに今年はグラキリスに種がつきました。 なーんもしてない、むしろ自分で受粉させるとすぐに花を落としてしまうのにいつのまにか結実してました。虫さん、あざっす。こちらは小さい株なので2鞘で10粒程度しか取れませんでした。 もう一…

これも実験!

何年先を見据えて… 今年そこら中で見かけるパキプスの実生苗を私も買っています。 梅雨もずーっと外に出していたら長雨で数株、全て葉を落としてしまいましたが、また復活してきたようです。今日はこの中から2鉢だけ我が家の多肉用土に植え替えたいと思いま…

多肉週刊誌。

なんとか生きてます。 梅雨の長雨に嫌気がさしてブログ、サボっておりました。どうもすみません。梅雨が明けて一気にわーっと暑くなって、それもそれで庭仕事が出来なくて困ったものです。 今日はこんな本が発売になって予約してたのが早速届いたのでちょっ…

今年の楽しみ。

先日採れた種を蒔きます。 実生ヘタマンですが、せっかくなので自分で蒔くことにしました。保存して秋に蒔くか、それともフレッシュな内に採り蒔きするか、どうするか悩みましたが、ハオを上手く作る方が秋蒔きよりも暑くなる時期でも採り蒔きの方がいいとブ…

ひとつの目標。

これは種が取れるまでの物語 植物を育てる人にとって自家採種の種で株を育てることは目標であると思います。私もその楽しさに目覚めており、オベサから始まり、昨年はオトンナヘレイ、今年はオトンナクラビフォリア、来年は鉄甲オベサ、プセウドリトス 、将…